トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 三原 > 御調八幡宮

ミツキハチマングウ

御調八幡宮

国の重要文化財を所蔵。広虫(法均尼)が弟のため勧請した

奈良時代に和気清麻呂の姉広虫姫(法均尼)がこの地に配流されたとき、弟と共に都に帰れることを祈って宇佐八幡大神を勧請した。広大な神域に権現造りの社殿が建ち、国の重要文化財を所蔵する。

御調八幡宮の画像 1枚目
住所
広島県三原市八幡町宮内21 (大きな地図で場所を見る)
電話
0848-65-8652
交通
山陽自動車道三原久井ICから国道486号を尾道方面へ車で4km
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:50台 | 無料
ID
34001027

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  中国・四国 >  山陽・瀬戸内 >  尾道・しまなみ海道 >  三原
トップ > 見どころ・レジャー >  見どころ・体験 >  寺社仏閣・史跡 >  神社(稲荷・権現)
トップ > 全国 x 神社(稲荷・権現) >  中国・四国 x 神社(稲荷・権現) >  山陽・瀬戸内 x 神社(稲荷・権現) >  尾道・しまなみ海道 x 神社(稲荷・権現) >  三原 x 神社(稲荷・権現)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください