トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 三原 > 三原城跡

ミハラジョウアト

三原城跡

「浮城」とも呼ばれた、小早川隆景によって着工された城

永禄10(1567)年、毛利元就の三男・小早川隆景によって着工された城。海に面した城の様子が海に浮かんでいるように見えたことから「浮城」とも呼ばれた。

三原城跡の画像 1枚目
住所
広島県三原市本町、城町、館町 (大きな地図で場所を見る)
電話
0848-64-9234(三原市教育委員会文化課)
交通
JR山陽新幹線三原駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
6:30~22:00
休業日
無休
料金
無料
カード
利用可能
ID
34001082

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  中国・四国 >  山陽・瀬戸内 >  尾道・しまなみ海道 >  三原
トップ > 見どころ・レジャー >  見どころ・体験 >  寺社仏閣・史跡 >  城・城址
トップ > 全国 x 城・城址 >  中国・四国 x 城・城址 >  山陽・瀬戸内 x 城・城址 >  尾道・しまなみ海道 x 城・城址 >  三原 x 城・城址

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください