エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 徳島・鳴門 > 鳴門 > あそこ食堂

アソコショクドウ

あそこ食堂

鳴門 / うどん

毎朝手打ちした麺でもてなす人気食堂

毎朝手打ちするうどんは、つるつるとやわらかく食べやすい。味わい深いだしがすっと胃に染みわたり、幸せなため息を誘う。新鮮な地魚を使ったお手頃価格の惣菜メニューも人気が高い。

あそこ食堂の詳細情報
住所
徳島県鳴門市撫養町南浜東浜327 (大きな地図で場所を見る)
電話
088-686-1615
交通
JR鳴門線鳴門駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店)
休業日
木曜
料金
うどん=350円/惣菜(1皿)=200円~/タチウオの酢の物=200円~/季節の野菜煮付け=200円~/
駐車場
あり | 台数:8台 | 無料
ID
36010377

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

あそこ食堂と同じエリアの記事

【徳島グルメ】鳴ちゅるうどん!本場で味わおう!

かつて、鳴門の塩田で働く人たちのおやつとして親しまれていた鳴ちゅるうどん。だしまで「ちゅる」っといけちゃうおいしさを、本場で味わおう!

【徳島】大谷焼きの窯元めぐり! お気に入りの器探しに!

鉄分を含んだ赤土で焼く大谷焼は、ざらりとした風合い、金属的な光沢を感じる陶肌が特徴。次世代による新たな作品作りにも注目が集まる焼物の里をめぐってみよう。

【徳島】エリア別におすすめ宿をチェック!

くつろぎのリゾートホテルから手軽なビジネスホテルまで、徳島の宿をエリア別に大紹介。※宿泊料金は2名で1室を利用した場合の1人分の料金を、シングル・ツイン・ダブルは1室のルームチャージを税・サービス料込...

【徳島】どんなトコ?エリア&基本情報をチェック!

約400年の歴史を誇る真夏の祭典、阿波おどりをはじめ世界三大潮流のうず潮、世界中の名画を陶板で再現した美術館、断崖絶壁の渓谷美が続く祖谷渓など見どころが点在。潮流が育む海の幸や、徳島ラーメンなどのグル...

【徳島】お遍路体験レポート! 初心者にもおすすめ!

いつかはお参りしてみたい、四国八十八ヶ所霊場。比較的アクセスのよい第1番札所から第5番札所までは、初心者にもおすすめのコース。のどかな景色に癒される歩き遍路の旅に出かけよう。

【徳島】八十八礼所めぐり!23霊場をチェック!

納経所の受付時間は、午前7時から午後5時まで。山間の札所では早めに終了することもある。納経の料金は納経帳が300円、納経軸500円、白衣200円。

【鳴門】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

ビッグスケールのうず潮、世界の名画を陶板で再現した大塚国際美術館、揚がったばかりの海の幸が味わえる店など、旅の楽しみがぎゅっと凝縮。

【徳島】鳴門公園の絶景ビュースポットをチェック!

眺望抜群の展望台あり、うず潮を真下に望む海上遊歩道あり。ビュースポットが集まる鳴門公園で、絶景さんぽを楽しもう!

【徳島】絶品海の幸グルメ! 多彩な魚介を楽しむ!

鳴門で食事を楽しむなら、鳴門海峡で揚がる海の幸はハズせない!ボリューム満点&リーズナブルなのは鳴門だからこそ。3方を海に囲まれ、各地の魚介が直送される徳島の中心地・徳島タウン。地元で愛される評判の店を...

【徳島】おすすめ土産!買うべき逸品をチェック!

なると金時や阿波和三盆など、徳島に来たら買っておくべき王道みやげを5つのテーマ別にご紹介。
もっと見る

あそこ食堂のエリア × テーマ

トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 徳島・鳴門 > 鳴門
トップ > グルメ > 和食 > うどん
トップ > 全国 x うどん > 中国・四国 x うどん > 四国 x うどん > 徳島・鳴門 x うどん > 鳴門 x うどん