トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > 日光・鬼怒川 > 日光 > 日光市街 > 日光田母沢御用邸記念公園

ニッコウタモザワゴヨウテイキネンコウエン

日光田母沢御用邸記念公園

格式と伝統が時を超えて息づく厳かな空間

嘉仁親王(後の大正天皇)の御静養地として明治32(1899)年造営された。1棟の床面積は1360坪で国内最大級の木造建築物。四季折々の庭園が美しく、多彩なイベントも開催。国の指定重要文化財。

住所
栃木県日光市本町8-27 (大きな地図で場所を見る)
電話
0288-53-6767
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで8分、日光田母沢御用邸記念公園下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉園17:00、11~翌3月は閉園16:30)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休、4月15日~5月、10・11月は無休(12月29日~翌1月1日休、8月13~16日、1月2~5日は開園)
料金
入園料=大人550円、小・中学生270円/プチタオル(美智子さまのシラカバ)=600円/御用邸チョコレート=1300円/(20名以上の団体は大人450円、小人220円)
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:113台 | 有料 | 2時間250円、大型車2時間1100円
ID
9000960

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【日光山輪王寺大猷院】3代将軍家光公を祀る仏教美術の世界

東照宮の建て替えを遂行した家光公の墓所は、「祖父を凌いではならない」という家光公の意向を踏まえたひかえめな造り。本殿へ続く道には多くの門が用意され、派手さはなくとも華麗な装飾は見ごたえがある。

【日光みやげ】これは絶対買い!おすすめをチェック!

駅前から日光山内までの道中には気になるおみやげ店がいっぱい!自分用に買うもよし、プレゼントもよし。お気に入りの一品を探そう♪

【日光】湯波??絶品グルメ!正統派&アレンジ派

日光を訪れたなら、一度は食べておきたい郷土料理として挙げられる湯波料理。じっくり食べたい人は本格コース、気軽に楽しみたい人はお手ごろなアレンジメニューがおすすめ。

【東北自動車道&日光宇都宮道路】サービスエリア・パーキングエリアをチェック!

絶景ドライブの前の休憩や腹ごしらえに、ちょっと立ち寄りたいサービスエリア・パーキングエリア。地元ならではのグルメやおみやげなどをご紹介。

日光【霧降高原】さわやかドライブ! 絶景&人気スポットへ!

霧降高原道路を車で走って、高原ドライブを楽しもう。日光三名瀑の霧降ノ滝、ニッコウキスゲの群生が見られるキスゲ平、絶景の六方沢橋、そして動物とふれあえる大笹牧場など、大自然を満喫できる爽快なルートだ。

日光東照宮を徹底ガイド!参拝ルートからトリビアまで参拝準備はこれでOK

日本が誇る世界遺産「日光東照宮」。江戸初期の名工たちが集結し作り上げた職人技と美の結晶です。御祭神として祀られるのは、徳川初代将軍の徳川家康公で、おもな社殿は3代将軍家光公が建て替えたもの。国宝8棟、...

【日光の寺社】日本が誇る世界遺産!パワースポット!

日光東照宮、二荒山神社、日光山輪王寺(大猷院を含む)と、二社一寺が点在する日光。世界遺産にも登録されている、荘厳なパワースポットの世界へ出発!

栃木【日光】二荒山神社! 境内すべてがパワースポット

日光信仰の始まりとなった神社で、ご神体は二荒山(現在の男体山)。縁結びの神「大己貴命」を主祭神として祀り、良縁・開運祈願スポットとしても人気だ。ユニークな運試しができる、神苑エリアもぜひ見学したい。

【日光】明治期の趣を残す♪レトロ建築めぐり!

避暑地として明治の頃から利用され、大正期には大いに賑わった日光。当時の面影を残す建築の数々が今も残り、古き良き時代の空気を感じさせてくれる。

【日光市街】クラシカルなレトロ館で贅沢ランチ!

日本の洋食文化の草分けとなった日光。外国人の避暑地として栄えた当時のレトロな建物で、伝統と先進性を併せ持つ日光スタイルの美味ランチをご賞味あれ。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   >   > 
 >  >   >   >   >   > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください