トップ > 全国 x グルメ > 東海・北陸 x グルメ > 静岡・浜松 x グルメ

静岡・浜松×グルメの観光・旅行ガイド、おすすめスポット

さらに絞り込む

エリア

静岡・浜松のグルメに関する記事一覧

1~20 件を表示 / 全 181 件

表示形式
リストで見る
写真で見る

【大井川】寸又峡吊橋へ!一度は見たいコバルトブルー! 【大井川】寸又峡吊橋へ!一度は見たいコバルトブルー!

手つかずのまま残る自然、肌がすべすべになると評判の温泉、そして気持ちをゆるめてくれる風情。秘境ムードたっぷりの温泉郷で疲れを癒そう。

【天浜線】ローカル線めぐり♪おすすめスポット! 【天浜線】ローカル線めぐり♪おすすめスポット!

掛川駅と新所原駅を結ぶ、全長67.7kmの天竜浜名湖鉄道。昭和初期の駅舎が現存し、のどかな風景の中を一両列車が走る。駅舎内ショップや観光地を巡りながら、懐かしい魅力に触れよう。

漁港めし!【大井川港】桜えびとしらすを味わう! 漁港めし!【大井川港】桜えびとしらすを味わう!

静岡県で唯一「桜えび」と「しらす」の両方が水揚げされる港。この春開店した漁港直営の食堂に、大井川港ならではのおめでたい紅白丼を食べに行こう!

【浜名湖&遠州灘】人気おすすめグルメをチェック! 【浜名湖&遠州灘】人気おすすめグルメをチェック!

浜名湖はうなぎやカキの養殖で全国的に有名。さらに遠州灘も、天然トラフグなど魚介の宝庫。どれを食べても、「どうまい(遠州弁でおいしい)」こと間違いなし!

漁港めし!【焼津港のカツオ】遠洋漁業の基地で味わう! 漁港めし!【焼津港のカツオ】遠洋漁業の基地で味わう!

江戸時代からかつお漁が盛んな焼津港。まぐろ遠洋漁業の基地でもあるよ。隣接する小川港は沿岸漁業中心で、さばは全国有数の水揚げ量だよ。

静岡【丸子・宇津ノ谷】東海道宿場町さんぽ♪おすすめスポット! 静岡【丸子・宇津ノ谷】東海道宿場町さんぽ♪おすすめスポット!

宿場として栄えた「丸子」、東海道屈指の難所だった「宇津ノ谷」には、今も江戸時代の名残を残す場所がある。かつてこの道を通った人々に思いを馳せながらさんぽしてみよう。

【静岡タウン】地元の恵みをランチでいただきます! 【静岡タウン】地元の恵みをランチでいただきます!

山と海に面した静岡は食材の宝庫!地元ならではの新鮮な魚介、ブランド牛・豚、地野菜を、なんとたった1000円台で食べられるというから驚き。編集部おすすめ店を一挙にご紹介♪

【静岡タウン】おすすめ絶品スイーツ!ここで味わえる! 【静岡タウン】おすすめ絶品スイーツ!ここで味わえる!

静岡市内でスイーツを食べるならここ!という、知る人ぞ知る名店をラインナップ。可愛らしい見た目に、思わず写真を撮りたくなってしまうこと間違いなし!

【静岡】お茶の本場で味わえる!絶品スイーツをチェック! 【静岡】お茶の本場で味わえる!絶品スイーツをチェック!

静岡といえばお茶!だが、「お茶=飲む」だけのイメージはもう古い。近年では老舗の製茶店が次々に斬新かつ絶品なジェラートやスイーツを開発している。新たな静岡茶の魅力に触れよう!

漁港めし!【用宗港のしらす】鮮度自慢の港で味わう! 漁港めし!【用宗港のしらす】鮮度自慢の港で味わう!

国内有数のしらす水揚げ量を誇る静岡県。中でも用宗港では2艘曳き+運搬船、素早い入札の連携プレーで新鮮さをキープ。漁期は3月下旬〜1月中旬。トレピチをぜひ!

【静岡茶】もっと知りたい!スゴイ魅力を徹底チェック! 【静岡茶】もっと知りたい!スゴイ魅力を徹底チェック!

身近な存在のお茶だけど、実は知れば知るほど奥深い!今回は「お茶についてもっと知りたい!」という方に特別レクチャー!名茶師の存在やお茶の競技“闘茶”など、まだまだ知らない茶の世界へレッツゴー!

おすすめテーマ

静岡・浜松

ご当地グルメが魅力の2つの政令都市は見どころもいっぱい

世界遺産に登録された三保の松原や日本平をはじめ、富士山の雄姿を望める景勝地が点在する静岡エリア。漁業の街、清水や焼津では海の幸が楽しめる。登呂遺跡や久能山東照宮などの歴史スポットや、茶畑の中を大井川に沿ってSLが走る大井川鐵道も魅力たっぷりだ。天竜川流域に広がる浜松エリアは、海と山の魅力が豊富。のどかな風景が広がる浜名湖や中田島砂丘などははずせない見どころだ。静岡おでんや浜松餃子などのご当地グルメも人気を集めている。

×